高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事
高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

以前、外資系の企業で働いていたのですが

49歳 女性
以前、外資系の企業で働いていたのですが、給料も高額だったし、完全週休2日制で海外への慰安旅行もあったりして、福利厚生面でもかなり好条件の仕事でした。

私は中途採用に応募したんですが、採用人数が4〜5名に対して、300名以上の応募があったみたいです。
そんな高倍率の狭き門にも関わらず、私が採用を勝ち取ることが出来たのは、きっと海外留学の経験を生かせたからだと思います。
外資系なので英語力は必須でしたが、ほとんどの人は独学や英会話スクールで学んだ程度でした。

でも、私は学生時代の数年間アメリカに留学していて、ネイティブな英語が話せたし、アメリカで色んな国の人と友達になり、今でも交流があることや、異国の様々な文化や風習を学んで来た事などをアピールしたので、それが高評価だったんだと思います。アメリカの学校には、中国からの留学生も多く、中国人の友人もたくさん出来ました。
その人達から中国語も教わったので、日常会話レベルですが、中国語も話せます。
応募当時、その会社は中国への進出も考えていたみたいだったので、その点も評価されたのかもしれません。応募人数に関しては、入社した後に聞いた話ですが、60倍以上の高倍率の中を勝ち抜いて来た優秀な人材が入ってくると、配属された部署でもかなり期待されてたようです。