高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事
高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

私が就職活動をしていたのは、ちょうど氷河期

39歳 女性
私が就職活動をしていたのは、ちょうど氷河期。ここ数年前よりかはましだったのかもしれませんが、女子大生には決していい状況とは言えませんでした。
名前の通った会社に入りたくて、有名企業をいくつも受けましたが、なかなか最終面接までたどり着けませんでした。

夏も近くなり、就職活動に疲れた頃、有名な流通関連の企業の採用試験を受けました。
最初の面接はグループ面接でした。
そこで与えられたお題は、確か「アルバイトでの辛かった、もしくは嬉しかったエピソード」だったと思います。それぞれが無難にプレゼンを続ける中、私は辛かったことの方をお題にしました。

要約すると、自分が悪くないのにお客さんから怒られた、でも謝るしか手段がなかったし、そうするべきだった、という内容でプレゼンをしました。
面接官は普段は店舗に出ている方の要で、とても共感してくださったような気がします。
ここでポイントを稼げたのか、とんとん拍子で筆記や最終面接まで進み、総合職の内定をいただくことができました。