高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事
高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

私は、中小企業から大企業

50歳 男性
私は、中小企業から大企業、そして外資系企業へとステップアップした経験があります。
採用されるまでの作戦としましては、事前にいくつもの会社に、面接まで書類選考で勝ち抜いて、更に面接でいくつもの失敗や度胸を付けたことに尽きます。具体的には、高倍率の企業様の文化をイメージすることで、採用後の会社の仲間としての人物を演出したことが挙げられます。
積極的な人間を望む企業であれば、声のトーンを半オクターブ上げて話したり、グループ面接であれば、他の人と違う視点からアプローチしながら、会社の採用したい自分を演技していました。
自分がいれば、もっと会社の仕組みがスムーズになる、といった感じにするのです。
歯車になってみる努力も、案外楽しいものです。

あと、事前に自分と会社との橋渡しをする接着剤としては、物語が必要だと思います。どうして、この会社に応募したのか、頭脳優先なのか、体力勝負なのか、皆と仲良くがキーワードなのか、歩くスピードも自信をアピールするなら、ゆっくりすることです。
声のスピードも、相手の反応をみながらギヤチェンジしていました。

最後は、笑顔の工夫です。
鏡で毎日練習していました。
一瞬で笑顔になる訓練が、あなたの魅力をアップさせます。これが最強の武器かもしれません。