高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事
高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

20代の頃に

33歳 女性
20代の頃に、高倍率と言われていたある企業から、内定を頂いた経験があります。
私は学歴も職歴も至って普通で、特にアピールできるような個性もありませんでしたが、それが逆に良かったように思います。学歴や職歴が平均的な分、他の方との差別化を図るため、特にコミュニケーション能力を徹底的に磨きました。
常に新しい場所に出向いて、初対面の方たちと会話をする機会を増やしました。
そうする事で、初めての相手に自分を上手にPRする事ができるようになりました。
様々な方と話をする事で、どんな質問にも臨機応変に対応できるようになったと思います。
これは面接の時には大変役立ちました。
また、その業界内で現在問題となっている事柄に対する自分なりの打開策を、いくつか具体的に考えました。
実際の面接でも、そのような質問があったため、事前に考えておいた事で慌てたり焦ったりせずに、自信を持って冷静に受け答えができました。

内定を頂いた企業にはその後就職し、結婚を機に退職してしまいましたが、その時の経験は今でも私の自信になっています。