高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事
高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

私はいわゆる団塊ジュニア世代です

41歳 女性
私はいわゆる団塊ジュニア世代です。
しかも、当時はバブル崩壊後だったので、日本の産業は停滞していました。
証券会社が潰れたり銀行が合併したり、とても大変な時期でした。
それ故に、私達の世代は大学受験も倍率が高かったですし、就職活動もすごく倍率が高くて、なんて不幸な時代に生まれてきたんだろう、と思っていました。

どの仕事も売り手市場で、高倍率でした。
書類審査で落とされて、面接まで行けないこともありました。
それでも、一生懸命頑張っている時に、内定を勝ち取ることができた企業もあります。私は、金融関係の仕事をしたかったので、きちんとしたスーツ姿で髪型もこざっぱりとした感じで、面接に臨みました。
何回も面接があって、最終面接ではとても緊張しましたが、役員の方に「御社に惚れています!」と言ったのが良かったのか、大変気に入っていただき、内定を勝ち取ることができました。

金融業界はものすごく競争率が高く、就職も高倍率なのですが、本当にここぞと思う企業でしっかり自分の意見を言うことができて、内定を勝ち取れたことに本当に感謝しています。