高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事
高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

今現在、日本に限らずかもしれませんが

31歳 男性
今現在、日本に限らずかもしれませんが、就職氷河期と言われるほど、就職が難しい時代になっています。私が学生の時は、そう言われ始めて数年しか経っていない時でしたので、私自身も含めて、周りも就職活動は大変な思いをしたのを覚えています。
就職について、友達と会話した時、ある友達は100以上の企業の説明会の参加後に、就職試験(※当時は、インターネットでエントリー形式で応募する形式が多かった)をしていたりして、就職難を痛感したのを覚えています。
私は、工業系の大学で、就職先もそのまま工業系を探していました。
某大手の会社を受験することになったのですが、第一次は、インターネットからエントリー形式で応募する形式でした。
とても凄い倍率で驚きましたが、たまたまその会社に大学の先輩が就職しており、色々と社内のこと、勿論就職試験のことを聞くことができ、最終試験の4次試験まで合格しました。

4次試験では、試験官数名の前で自分自身のことについて、プレゼンテーションをする内容でした。
大学の先生にも何度も何度もレクチャーを受け、結果内定を頂くことができました。