高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気記事
高倍率にも関わらず内定を勝ち取った経験談

私は過去に

43歳 男性
私は過去に、応募25人の中から、たった1名の採用を勝ち取った経験を持つものであります。
採用後に、何故私が採用されたのかについて、その時の採用担当者から聞かされた衝撃の一言がありました。
当時、私は大学卒業後無職であり、公務員採用試験を目指して日々勉強に勤しんでいました。
そうした中、ある地方自治体の外郭団体である、ある財団法人の採用試験に応募したのです。

試験は私にとっては簡単であり、難なく解答を終え、その後の面接試験でも、採用担当者に気後れすることなく、「公務員採用試験」のリハーサルのつもりで答えておりました。
採用が決定し、公務員と同一条件ということもあり、入社しました。
そこでは、総務課採用でしたので、自身の採用試験の一件もファイルに綴じてあり、閲覧することが出来たのでした。

そこで、私は衝撃の事実として、「採用試験総合得点順位2位」であることを知りました。
採用担当者である事務局長から、次のような事実を告げられたのです。
「採用1位の人物は採用辞退すると思ったので、採用しなかった」と。そう、繰り上げ採用で高倍率の内定を勝ち取ったのでした。